精緻なモノづくりとデジタル技術の融合で、「支える医療」に貢献|日本経済新聞 電子版特集


PHCグループはこれまで、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの3領域でさまざまな知見と実績を培ってきた。現在、これらの事業にデジタルソリューションを融合させながら、ヘルスケアソリューションプロバイダーへと進化している。高齢化が進む日本で在宅医療が増えていく中、同グループはどのようなソリューションを提供できるか。在宅医療を通して医師と患者、そしてその家族の日常を描いた映画「いのちの停車場」の原作者で医師の南杏子氏と、PHCホールディングス執行役員の大塚孝之氏が、日本の在宅医療のあり方、ヘルスケア企業に求められることなどをオンラインで話し合った。
— 読み進める ps.nikkei.co.jp/phc2103/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。