ゲノム編集の臨床応用も近づくなかで、どんな議論が飛び交うのだろう。操作された受精体がどのような進化を遂げていくのだろう?今度は人間を超える新しい人間が文明を作っていくのでしょうか?


www.nikkei.com/article/DGXMZO52706010Y9A121C1TJM000/



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。