【IoTヘルス】筑波大学とIBMの共同研究。日常の動作解析から認知症の早期発見を。 | 日本経済新聞 電子版特集


筑波大学とIBMは、AI(人工知能)や、あらゆるものがネットにつながるIoTなどの最新テクノロジーを活用し、認知症の前段階である早期認知障害(MCI)を判別する研究を共同で行い、このほど研究成果の一部を発表した
— 読み進める ps.nikkei.co.jp/ibmportal/aging1903/



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。